日本には昔から沢山の発酵食品があります。

みそ・しょうゆ・納豆・酒・そしてぬか漬け

 

食事の副菜・箸休めなど主役級ではないぬか漬けは

子どもの頃、あまり手がのびる食べ物ではありませんでした。

それが、今ではぬか漬けがあれば、ご飯が美味しくすすみます。

 

ぬか漬け初心者には一からぬか床作りは荷が重いため

発酵済みですぐ漬けられる容器不要のぬか床でチャレンジです。

初のぬか漬けは冷蔵庫にあった

きゅうり・使いかけの大根・山芋・ゆで卵を使ってみました。

一度目は少し酸味が強く塩味は薄く感じましたが

二度目からは良い漬け具合になってきました。

ぬか

ぬか漬け

 

ぬか漬けの良い所は使いかけの野菜でも手軽にでき、

栄養価がアップ、

植物性乳酸菌で腸内環境が整うなど良い事ばかりです。

 

植物性乳酸菌といったら、

アーデンモア商品の「ばんのう酵母くん」があります。

ぬか漬けがなくても、

タンポポ・ヨモギ発酵液で手軽に毎日取り入れたいですね。

 

スタッフ 齋藤